FC2ブログ

「たかきびハンバーグ」と失敗ネタ

6月19日「たかきびハンバーグ」いただきます。合掌。

takakibiba-gu.jpg

玄米
たかきびハンバーグ
ぬか漬け

最近仕事が少し落ち着いてきて、
久々に料理モードになりました。

高きびを充分に給水させてから炊き、
小麦粉・玉ねぎ・ニンジンで混ぜ混ぜ。
塩・コショーやパン粉、つなぎに長いもなどを「適当に。」
ナツメグを入れる事でハンバーグ味になります。

薄い方が焼きやすいので、「適当に」平べったく。

あとは「適当に」焼きます。

一度にたくさん焼いて、冷凍保存します。
何もない時?何もしたくない時?便利なおかずです。

「適当に」が3度もでました。

そう、私の料理はいつだって適当です。
(物によってはきっちり計量、骨格細分化調整ではトコトン慎重に
やってます。念の為。)

この適当さゆえに過去、何度か派手な失敗も・・。
大根と昆布を適当に煮てみた所・・、
塩加減があまりにテキトーだった様で、
味見をした所、「なぜここに海水?」
多すぎる塩と、出汁の領域を超えた多すぎる昆布とで
磯の香り。日本海。
えぐい・しょっぱい、「一体どうしたらこんなものを
作れるのだろう?」と微妙に関心。

中学時代、お菓子作りに興味を持ち、オーブントースターで
出来るクッキーにチャレンジ。
料理用の量りのない我が家で、砂糖100グラムの計量を
なんと体重計でトライ。
「1キロの10分の1辺りだろう。テキトーテキトー」

生地がゆるい様な気がしつつも、なんとか、形になり
トースターへ。
10分後・・キャラメルのような甘い香りにワクワク。
焼け具合を見ようと、目線の先にあったのは・・
トースターの隙間から、溶岩流の様に流れでるクッキー生地達・・

爆笑する母を横目に、「粉を追加すればいいんだ!」と
まだやる気は失せておらず。

焼き具合が分からず、かれこれ1時間近く格闘。
やれやれと片付けに入り、うろついてる私の鼻に
焦げ臭い匂いが・・

パン焼き程度の使用のトースターに連続1時間はハードすぎたのか、
黒い煙と共に炎が噴き上がり。
一気に消火活動へ。

その後も懲りる事なく、無限にやらかし続けながらも
一歩ずつ前進して参りました。

整体、マッサージの仕事を始めてからは、適当などは
許されるはずもなく、精油の配合や、用具の衛星管理など、
神経を使います。

極めつけは骨格細分化調整なんてものを始めてしまったばかりに
ますます、テキトーの出来ない調整法です。

お料理位は羽根を伸ばさせて下さい。
(終わりかよ)

高きびハンバーグは、小麦粉と片栗粉(あったから何となく)
に、塩が多かったようで。
食感はまさしく肉~、しかしハンバーグというより
サラミに近いかも。
そういえば黒コショウもかなり入れてた。

雑穀でサラミが出来るとは!
驚きでした。

ごちそうさまでした。合掌。
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

基本食の調味料 (化学調味料未使用)
基本食のレシピ
パン・スイーツレシピ (砂糖、牛乳、卵未使用)
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カウンター