下半身太りと内臓の健康度

10月29日「ごぼうと高野豆腐の味噌炒め
と油麩の肉じゃが風」いただきます。
合掌。

hujyaga.jpg

雑穀ご飯(五分づき米・押し麦・もち米・黒米・大豆・ひまわりの種)
ごぼうと高野豆腐の味噌炒め
油麩の肉じゃが風
きゅうりの酢醤油漬け
ぬか漬け

寒くなると、コックリした濃い目の
物が食べたくなります。

油麩の肉じゃが風は一度やってみたいと
思っていたものですが、
ビックリする程、肉じゃが味でした。

肉の油と違って食後胃が軽いので
植物系の油は助かります。

ごぼうと高野豆腐の味噌炒めも
前々から狙っていたレシピです。

炒めたごぼうに、戻した高野を
加え全体に油をなじませたら、
赤味噌と甘酒、お酒と醤油少々で
味付けします。翌日の方が
味が馴染んで美味しかったです。
味噌汁とは違った、コクのある味噌味がたまりません。

ごぼうや里芋が無性に食べたくなる時が
あります。

どちらも「何がそんなに旨いんだろう?」
と思うのですが、土臭さとでもいうのか
根菜類独特のあの感じ。
かといって土を食べたい訳でもなく。

これから寒くなる時期、体が
要求するのでしょうか。

根菜は足腰を丈夫にすると
食養本にありました。

私は子供の時から下半身デブで
今思うと慢性的に浮腫んでいたので
浮腫むとはどういう状態なのか
分からないまま生きてきました。
しかもその太さから「足腰は丈夫な方」と
陽気に勘違いをしていました。

さすがに20歳を超えてガタが
出始めると、足腰のダルさ重さが
無視出来なくなってきました。

整体の勉強をしていくうちに
足の問題が胴体部の弱さ、
内臓の問題からきている事が
分かってきて、トレーニング方法を
変えました。

美脚とはいきませんが、
太い足は家系・遺伝で変えられないと
諦めていたのが、明らかに変化してきました。

骨格調整と体の使い方の問題で、
内臓の健康度まで変化し、
そこからくる様々な症状に対応出来る事が
見えてきて、今後の施療に増々希望を感じています。

健康な体の基本情報はこちらへ。
中心軸整体院
ごちそうさまでした。合掌。

スポンサーサイト

テーマ : 体質改善
ジャンル : ヘルス・ダイエット

基本食の調味料 (化学調味料未使用)
基本食のレシピ
パン・スイーツレシピ (砂糖、牛乳、卵未使用)
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カウンター