FC2ブログ

毎日の米・味噌で脱低体温

12月28日「毎日の米・味噌で脱低体温」
いただきます。
合掌。

daikonnba ebi

雑穀ご飯(五分づき米・押し麦・黒米・ひまわりの種・赤えんどう豆・クコの実)
人参葉の油揚げ炒め
小松菜と桜海老の炒め物
白菜漬け・ぬか漬け

今日は仕事納めでした。
明日から休みとは言え、今年の年末年始は、
出版作業の追い込みで、実際は休みなしです。

それでも、気分はホッと一息か、
連休前のワクワク感で、今朝は早くに
目が覚めて、白菜漬けとおでんの仕込み、
小松菜炒めと、朝から調理に盛り上がりました。

こんなに料理が身近になった事や、
毎日欠かさずお米を食べてる事、
ほとんど毎日お味噌汁を飲む事、
ほとんど毎日台所に立ち、包丁を持つ事、
こんな当たり前の事が、毎日毎日繰り返されて、
その事がこんなにも楽しくて、喜びのある事
だと感じる世界があるなんて想像もしませんでした。

「そんな当たり前の事で?」
と思う方もいるかも知れませんが
ジャンクフードや、加工食品が当たり前で
生きてくると、想像の喜び、作る喜びなど知る由もなく、
いかにも合理的で、一見栄養のある物を食べてるようでも、
実際は幻を口にしてるような、何とも虚しい、満たされない
感覚があります。

渦中にいる時は、そんな事は全く分かりませんでしたが、
この数年間の食生活の変化で、
本当に美味しくて喜びのあるものを感じる様に
なってきてから、以前はそうだった事が理解出来る様に
なってきました。

2010年は、米食の割合が増々増えて、
ほとんど3食お米を食べる様になりました。
お陰で、体温も36度代が続くようになって
体調のいい日が続くようになりました。
数年前では考えられなかった事です。
子供の頃からずっと体調が悪く、
それが普通だと思ってきた私にとって
何だか身体が軽い、調子いい日なんて年に一度あるか
どうかの世界。

それが、少しずつ少しずつ変化してきて、
今年は、そんな日が数多くなってきて、
信じられないような事なのです。

だから、私と同じ様な状態に陥ってる
クライエントに出会うと放ってはおけなくて
あれこれあれこれ言いたくなります。

半病人状態の人が、あまりに多すぎる。
そして、自分が病気に片足突っ込んでる
という事がわからない。
頭では「まずいなぁ」とか
「何とかしないと」と考えてはいるのだけれど、
心がそうはなっておらず、
また、そうなっていない自分自身にも
気が付けない。
クライエントとのやりとりは、
その人がどういう感覚で、
どういう所から発言しているのかが
解らないと、非常に苦しく、虚しくなります。

でもどこで気が付くか、今のその人にとって
その情報が必要かどうかは、一人一人違います。
また、私自身の未熟さから、相手が受け取りやすい、
受け取りたくなる様な、情報の提供になっていない事も
多々あったんだろうなとも思います。

それでも今年も本当に沢山のご縁を頂いて、
微力ながらも自分達の体験が生かされる出来事が
少なくありませんでした。

特に、子供達の症状のほとんどに食べ物の問題が
絡んでいます。
自分達の経験がなかったら、どうにもならなかった
事も多かったと思います。
だから、私はずっと体調が悪くて良かったし、
色々大変な事はあったけど、食生活の
改善に取り組んできて良かった。
心からそう思います。

昨年末のブログで、
「食は運命を左右する」と書きました。
今年は増々、その事を強く感じました。

運命なんていうと、何だか、まじないみたいで
あやふやな感じもしますが、
要は、口から入れたものが、血となり肉となる。
血肉が心身を作る。
食べるという行為に対する心の姿勢が
生き方・人生に反映されていく。
そんな風に考えています。

だから、毎日のご飯とお味噌汁。
心も身体も喜ぶ食事、調理時間が幸せな事が
ものすごく大切です。

今年も一年、誠に有難う御座いました。
皆様どうぞ良い年をお迎え下さい。

健康な体の基本情報はこちらへ。
中心軸整体院
ごちそうさまでした。合掌。

スポンサーサイト

テーマ : 体質改善
ジャンル : ヘルス・ダイエット

基本食の調味料 (化学調味料未使用)
基本食のレシピ
パン・スイーツレシピ (砂糖、牛乳、卵未使用)
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カウンター