FC2ブログ

5月5日〜11日 胃腸の回復が第一 


梅とろろうどん。爽やか美味
IMG_20150502_171336.jpg
ピーマンもやし厚揚げ炒め、野菜スティック
リーフレタス、ナス煮浸し、雑穀ご飯
IMG_20150504_115623.jpg
すごく幸せな顔ぶれでご飯一杯食べました。
IMG_20150504_175533.jpg
オリーブ塩のみのシンプルパスタ
全粒粉の旨味が堪能出来ます。
IMG_20150505_080255.jpg
久々、朝の味噌にゅうめん。旨い。
IMG_20150505_181640.jpg
目玉焼き付き炒飯、残り素麺とニラチャンプル
ナス煮と、タコ青柳の佃煮
IMG_20150506_075956.jpg
玄米磯辺、味噌汁
IMG_20150508_101705.jpg
エノキと新たまでカレー炒めを作りました。
エノキのとろみが程よく全体をまとめてくれて
ご飯にピッタリな一品に。
IMG_20150509_081547.jpg
小松菜、人参、ワカメの味噌汁。
IMG_20150511_181956.jpg
豚生姜焼き丼、オクラとナス炒めのせ。

最近、少量ずつ肉の摂取を増やした深田先生。
最近体重の増加が。
深田先生、ほぼ穀物菜食になる以前は、
中々太れないできました。
体重が増えても、むくむ感じで皮膚に痒みが
でたりアレルギー症状が多くなります。
今回はむくまず、今まで太れなかった
胸、腹の筋肉の発達が起きています。

逆に女性のクライアントさんで、
肉食を止めてご飯を多く食べるように
したら体重が増えた方がいます。
この方は、食べても食べても中々
太れなくて困っていました。
しかも、アレルギーによる慢性的な
体調不良があり、下痢と便秘を繰り返して
おり、当時、原因不明の全身痛がありました。
運動量、筋肉状態に対し、肉食が多かった為
食物の未消化の可能性があったので
食生活の改善を提案しました。
その甲斐あって、原因不明な全身の痛みは
なくなり、体重の増加まで起きました。

両者共、共通して、
アレルギーの減少とともに体重の増加が
起きています。

太りたくても太れない方で
何らかのアレルギー症状がある方の場合
消化機能の低下があり、そこが回復されると
食べたものが身になるという事が
起きてくるのかも知れません。

子供の成長の為にと小さいうちから
肉食過多が過ぎると、胃腸機能の弱い子は
太れないばかりか、内臓負担が増えてしまいます。
動くのが億劫、不機嫌が多い、
オナラが異常に臭い、朝食を食べたがらない
などは要注意です。

逆に何を食べても太るというのは、
消化能力はそこそこでも、
排泄能力に問題があり、いい意味で
身体が育つのではなく、代謝の遅れが
身体に蓄積され続けている状況にあります。
歳をとるほどその傾向が高まるのは
長年の冷えの蓄積と、内臓機能の衰えによる
代謝低下があります。

肉食でも、穀物菜食でも、
消化吸収が順調で、毎日が元気に
過ごせていればどちらでも良いのです。
ただ、体調不調や、季節の変わり目、
生活環境の変化など、
様々な身体の変化に対し、柔軟に対応出来る
食生活、食事の知識、体験を持っていると
大変重宝します。
スポンサーサイト
基本食の調味料 (化学調味料未使用)
基本食のレシピ
パン・スイーツレシピ (砂糖、牛乳、卵未使用)
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カウンター