FC2ブログ

こんなに簡単に痩せてガン、アレルギーのリスクも減 その2 〜菓子パン、揚げ物、通勤編〜

砂糖、牛乳を止めて、肉食を減らし8キロ痩せたHさんの記事を書いていたら、60代女性Kさんのことを思い出しました。医師からも大幅な減量を指示されており、あれこれダイエットに試みるも、3日と続かず・・。
そんなKさんが、お会いするたびに身幅が狭くなっていったので尋ねてみると、

・朝食は菓子パンだったのを止めた(菓子パン全面禁止)
・週の半分は食べる位、唐揚げが大好き。これはやめられないので、個数を半分にした。代わりに野菜を多くした。
・たまたま職場が引っ越しになり、通勤歩数が倍増。強制的に運動量増加。

月に2キロペースで体重が減り、気がついたら10キロ減。「昔の服が着れるようになったのが嬉しくて」

菓子パンを止めるきっかけになったのは、看護婦さんに「菓子パンは薬品の固まり、毒物よ」と言われたことがショックだったそうです。全くその通り、いい看護婦さんに出会って良かったです。

「皆食べてるし、そんなに悪いものとは思ってなかったもんで。砂糖の摂りすぎは痴呆症にもなりやすくなるって聞いたらなんだか怖くなっちゃって(笑)」
Kさん、休日にウォーキングを試みたこともありましたが、続かず・・。今回のように日々の生活の中で運動量・負荷を増やせるのが、一番です。

添加物は胃腸を荒らすので炎症を多くし、水を多く欲するようになります。
砂糖はジャム作りからもわかるように、水分を貯め込む性質を持っています。
菓子パン、スナック菓子、甘い物は、水はけを悪くし、ふやけた身体を作ります。
いかにも「そんなに食べてないのに」太れそうです。


Kさん、異常な汗かきだったのですが、深層部の体温の低さは医師にも驚かれるほど。10キロの大幅減量も驚きましたが、正直もっと痩せたのではないかと思う位、身幅がスッキリしていました。いわゆる水分太りタイプだったようで、毎朝の菓子パンの影響が相当大きかったようです。

菓子パンに限らず、朝食に市販のパンを食べるのは同様のリスクがあります。活発で代謝のいいお子さんの場合は、学生のうちはそこそこ消化していけますが、胃腸負担が成長段階から蓄積され続けます。
成長期を終え、代謝が落ち続ける成人の場合、内臓機能の低下に拍車をかけ続け、わかりやすいのが、「痩せにくくなった」となっていきます。消化しきれない内臓状態は、病気の根底になっていきます。「痩せないわ〜」だけならまだいい方かもしれませんが、ハイリスクな食品もどきはやっぱり避けたほうが無難です。

2018年9月のご飯 1

パンは自家製蒸しパンを作ります。→もちもち全粒粉蒸しパン
上半分がごま油、下半分がオリーブオイル入り。今回は卵も入ったせいか、ごま油の方は「馬拉糕」みたいな感じでした。昔、よくコンビニで買ってました(笑)。家で作る粉物はちゃんと満足出来る密度があるので、市販品がいかに薬で膨らませてるものなのか実感します。
IMG_8747.jpg

IMG_8755.jpg
野菜炒め丼、糠漬け、納豆(酢醤油オリーブオイル)
レンコンきんぴら、ピーマン煮浸し、生姜胡瓜酢醤油漬

IMG_8756.jpg
同じ日、深田先生の野菜炒めは豚肉入りで。
この日はオイスターと醤油麹で超コクウマ

IMG_8757.jpg
味噌煮込みうどん。キャベツみょうがの酢漬け。味噌ものと酢の物、凄く相性良い!

IMG_8758.jpg
右上黒いのはレンコンと鶏肉の炒めもの。
左下の黒いのはレンコンのきんぴら。
どちらも黒くて見た目ちょっとですが、味は良。ご飯に合いました。

IMG_8759.jpg
またまた豚肉と野菜の炒めもの。この日はトムヤンクン、酢醤油味。

IMG_8760.jpg
畑中は肉の代わりに納豆。
納豆はいつも醤油、オリーブオイルをかけます。時々、酢やレモンも。
クライアントさんに教えてもらってからもうずっとこの食べ方、ほんとに美味しい。

IMG_8762.jpg
豚バラ丼、キャベツ、ひじき煮つき。
味噌汁、豆腐ゴーヤ炒め、らっきょう・ぬか漬け、卵焼き。



スポンサーサイト

コメント

Secret

基本食の調味料 (化学調味料未使用)
基本食のレシピ
パン・スイーツレシピ (砂糖、牛乳、卵未使用)
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カウンター